公開履歴
自信を持っている男性

EDは多くの場合原因となる明らかな事象が発生していない状態でゆっくりと進行するため、気付くのは症状がかなり重くなってから、もしくは実際に生活に不便が生じるようになってからと言うケースが大半を占めています。
ではそうした中でEDに気が付く要因としてはどういったことがあるのかというと、やはり大きいのは「性行為ができなくなった、もしくは難しくなって満足感が薄れた」といった事実を自覚することでしょう。
例えばパートナーとなる女性との性行為を前にして勃起ができなくなったり、かつて感じていたほどの満足感が感じられなくなったということで焦りを感じ、そこからさらに状態が進行して性行為そのものが難しくなって病院を受診したという人はかなり多くいます。
EDの定義としても「性行為に際して勃起ができない、もしくは勃起が維持できない」といった点がありますから、この点はEDに気付くきっかけとして非常に分かりやすいものであると言えます。
またこの他に時折見られるのが「女性からEDではないかと指摘をされた」といったケースです。
もちろん直接的に「あなたはEDかもしれない」と言われるケースはそこまで多くないのですが、例えば性行為の満足感が薄れていると言われる、性行為そのものに変化が生じたといったようなことを指摘されるケースはそれなりにあります。
EDは他の病気と同様に早期に発見して治療ができればそれだけ早く完治を見込める病気です。
「自分はEDにならない」という考え方を持つことは病気の早期発見を妨げる極めて大きな問題になりますので、もしそうした考えを持っているのであれば考え方を改め、誰にでも起こりうる病気であることをしっかり認識するべきです。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧