どこからがEDなのか

多様な錠剤

どこからEDなのか判断するのは簡単です。
医学的見解からはSEX4回のうち3回以上失敗すればEDとみなしていますが、これほど失敗率が低下するまで放置しておくのは得策ではありません。
SEXが正常に行えなくなってきたと感じたらEDだと考えていいでしょう。
一般的にはSEXのときに十分に勃起しない、途中で萎えてしまう、オナニーだけは勃起する、などの症状が見られたときです。
SEXのときに十分な硬さを維持できないなら、それは間違いなくEDです。
失敗率が50%程度になると、男性は自信をかなり喪失してくるでしょう。
パートナーも快くは思ってくれないので、治療薬を服用するなどして治療をしましょう。
ED治療薬で一番有名なバイアグラ、服用後の速効性があるレビトラ、持続時間が長いシアリス、などが有名なED治療薬です。
また同時に生活も見直して、不健康を改善するように努力しましょう。
不健康が続くことで勃起不全が起こることはよくあります。
挿入時は問題ないレベルまで勃起しても、途中で萎えてしまう場合もEDになります。
勃起力が継続しない原因には血行不良もありますが、性生活に対する刺激の低下も関係しています。
血行障害を改善しても状況が変わらないなら、SEXのプレイ自体を見直してみる必要があるでしょう。
毎回同じパターンのSEXをしているなら、少し変えていく必要があります。
風俗で遊んでみると、様々なプレイを開発できるはずです。
今まで知らなかった性感帯の開発もでき、SEXに対する関心も強くなってきます。
EDに悩んでいる男性には、オナニーのときは普通に射精できるという方が少なくありません。
これは勃起不全とは無関係と思われるかもしれませんが、肝心なときに性行為が成立しないのでEDとなります。
特定の相手にだけ立たない場合は、妻だけEDなどと呼ばれます。
パートナーに対して魅力を感じなくなった、または性生活がマンネリ化している場合などに発生しやすいです。